読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OW備忘録

Overwatchの戦略など、思い付いたことを書き残しています。

ヒーローの役割を分類する

どうも、五十鈴エルフです。
こうして暇なときに考察ブログを書いてる自分ですが、最近大変なことに気が付きました。
「対地だの対空だのって言葉使ってるけどそれについて説明してねえ!」
やっちまいました。前にやってたゲームで所属してたチームでの言い回しをそのまま使っていました。ただ、とても使い勝手のいい言い回しなので読んでる方の頭をエルフ化させる方向で解決しようと思います。ということで、今回は対地対空とかっていうことについて書いていきます。

 

<ヒーローの役割を分類する>
オーバーウォッチには様々なヒーローがいて、それぞれ得意なことや不得意なことがあります。オーバーウォッチではそれぞれオフェンス、タンク、ディフェンス、サポートというようにロールが分かれており、それぞれの役割が示唆されています。しかし、ヒーローの分類はそれで満足にできているでしょうか。答えはNOだと思います。NOのはずです。例えば、同じオフェンスの中でもトレーサーとマクリーを同じ土俵で測ることはできないですし、一方で違うロールでもオフェンスのマクリーやファラとディフェンスのウィドウメイカーはどこか似通った性質を持っているところがあります。より適切にヒーローの性質を分類しようとすると我々プレイヤー自身がそれぞれのヒーローを再分類する必要があります。そこで一つのものさしとして「対地」「対空」とその中間(ハイブリッドと呼ぶことにします)の3つを提案したいと思います。
大雑把に説明すると、対地は地面を這いずり回ってる敵を叩く役、対空は空中にプカプカしてる敵もしくは縦横無尽に高速移動してる敵を叩く役、ハイブリッドはどちらもそこそこできまっせという役です。では、それぞれに分類されるヒーローと役割の性質を見ていきましょう。

 

・対地

f:id:kuro9355:20170210222220j:plainf:id:kuro9355:20170210222317j:plainf:id:kuro9355:20170210222229j:plainf:id:kuro9355:20170210222321j:plainf:id:kuro9355:20170210222306j:plainf:id:kuro9355:20170210222256j:plain

対地ヒーローは基本的に高火力で、チームの前線を維持する圧力に直結する役割です。正面のタンクやオフェンスがメインターゲットであることが多く、集団戦では大火力で一気に押し潰す形になります。対地は火力が高い一方で接近しなければ真価を発揮しづらいので、高所有利を取られた場合に突破が難しくなります。同じ理由で距離を取られやすい対空に対しても一部を除いて苦手なマッチアップになります。対空を封じこめることができれば対地の圧力が勝った方が勝つので対地の枚数はいかにして対空と向き合うかとも大きな関係があります。対地が相手よりも多ければ正面vs正面の勝負を有利に運ぶことができます。逆に対地が不足するといわゆる「火力が足りない」状態に陥ることが多く、主にアナやゼニヤッタのヒールを受けているタンクを倒せなくなります。

 

・対空

f:id:kuro9355:20170210222259j:plainf:id:kuro9355:20170210222303j:plainf:id:kuro9355:20170210222320j:plainf:id:kuro9355:20170210222318j:plainf:id:kuro9355:20170210222254j:plainf:id:kuro9355:20170210222322j:plain

対空ヒーローは弾速が速いもしくは即着弾で単発威力が高いか、攻撃を当てやすいヒーローが多いです。また、高所に移動したりする小回りが効くヒーローも多いので高所に対してのプレッシャーをかけやすいのも特徴です。対空ヒーローのメインターゲットは正面以外のヒーローです。後衛のサポート、高所を陣取り上から攻撃してくる敵や後ろから周ってこようとするフランカーなどを主に狙うことになります。それぞれのDPSはあまり高くありませんが、正面以外から攻撃してくる敵は体力200以下であることが多いので、大体の場合は数発で致命傷となり帰ってくれます。敵陣に突進していくウィンストンや逃げる手段を持たないゼニヤッタを除き、有効射程が長いため対地ヒーローに対して有利に戦えるヒーローが多いです。対空が充実していると相手の後衛へのプレッシャーが大きくなり、結果的に前線がもたなくなるという形になりやすいです。対空が不足すると敵の高所にいるヒーローを止めることができず、正面で競り勝ってもその後蹂躙されてしまいます。

 

・ハイブリッド

f:id:kuro9355:20170210222309j:plainf:id:kuro9355:20170210222252j:plainf:id:kuro9355:20170210222250j:plainf:id:kuro9355:20170210222248j:plainf:id:kuro9355:20170210222312j:plain

ハイブリッドは対地と対空の中間で、どちらもそこそこできるというヒーローです。プレッシャーをかけるには十分だが倒しきれないソルジャー、マクリーとリーパーを足して割ったようなリベットガンを持つトールビョーンなど、「対地と言うには圧力が足りないが、対空と言うには決定打が足りない」というような性能が多いです。良くも悪くも中間的な立ち位置なので、オールマイティだから良いというわけではないという点に注意しましょう。対地と対空のメインターゲットであるタンクやサポートを狩るには十分な性能がありますが対空の仕事を完全に任せるのは心もとないし、対地の仕事は荷が重すぎるので、あくまでそれぞれのサブとして立ち回った方がよいかもしれません。その一方で、なんでもそこそこできるという点でハイブリッドを使うプレイヤーが強いと相当厄介なことになります。同じ理由でアップデート等で強化されると厄介なことになりやすいです。

 

編成を組んだり、カウンターピックをする際にはこれらの性質を頭に入れた上で適切なピックを選択する必要があります。

「対空はソルジャー出しとけばええやろ」

「ん~~~~~ソルジャー単騎は怪しいんじゃない??

「ファラが落ちねぇ~」

対地もちょっと見たいからD.Vaにするよ」

この記事を見てこんなやり取りが生まれるようになったら書いた甲斐があったのかなと思うところです。以上です、ありがとうございました。